白月光 福島(地元)の話|除霊・呪術・霊感 福島の母 占い軒龍卑 「白月光」

除霊・呪術・霊感 福島の母 占い軒龍卑 「白月光」

あなたは本当の自分で生きてますか

福島市花見山公園の紹介 その2


福島市花見山公園の紹介  その1

続きものです。上記リンクを参照。


先日の花見山の続きです。


花見山公園へ入ると赤い橋が進行方向の右側に掛かっています。
なんとなく昔っぽくて良い感じでした。

hanamiyama.013_001.JPG


hanamiyama.022_001.JPG橋は渡れません。

縄にはお守りが……。



お守りの色が変色しているので万が一、触ったら障(さわ)りがあるかもしれないですね。ちょっと異様な感じに変化しているのでしょう。


hanamiyama.014_001.JPG
端の先には水車がありました。

こんな家もいいなあ…


なんてことを思いますが


理想と現実は異なりますよね。hanamiyama.015_001.JPG

水車に向かって右奥にはたぬきが。
ただの置物ではなくなっているようです。

夜な夜な目が動きそう…。

でも力がありますよ。


水車を過ぎると休憩所があります。

建物の中に椅子があるのでくつろげる感じ。



そこを過ぎると枝垂れ桜が………


hanamiyama.016_001.JPG

きれい過ぎてしばし見とれてしまいました。
hanamiyama.017_001.JPG
癒されるとはこういう瞬間なんでしょうね。

きれいなものを見てきれいだ、と。

そう心を動かされること。そういう思いを忘れない人でありたい。


枝垂れ桜の位置からは、少し斜面へと登ります。

そこを進んでいくと鳥居が。

hanamiyama.018_001.JPG

ここ、花見山の神様として鳥居をたてたんでしょうね。

鳥居の赤々とした色が、通る人々の足を止めていました。

あたりまえのように見ることができるはずの鳥居。

なのにどうしてか、行きゆく人たちは足を止める。
それだけの魅力がある鳥居です。

hanamiyama.019_001.JPG
チュウリップ畑。
見事に赤白黄色。

きっとチュウリップは赤白黄色なんだと拘りがあったんじゃないのかなと…
ひとり妄想しましたよ。


チュウリップがたくさん並んでいるとhanamiyama.020_001.JPG
ついつい子供みたいな気持ちになってしまいます。

道を進んでいくと高台になっているので
遠くが見晴らせます。

進む先々で感動ばかりしていましたが
ここまで心を癒してくれる花見山はどこまで続いているのだろうと、ふと思い返す地点かも。

hanamiyama.021_001.JPG
水が流れていました。

見た感じはキレイなので
案外、飲料水なのかな?

hanamiyama.024_001.JPG

あちこちに桜の木。

hanamiyama.025_001.JPG
立ち止まって見てしまうのはなぜだろう。

桜を見に花見へと足を向けても
ここまで何度も足を止める事はなかった。

この山、花見山を愛する人の思いを桜も知って育っているかのようです。


hanamiyama.026_001.JPG足を止めると見事な桜が見渡せます。

写真を撮るポイントって他の人たちと同じみたいですね…。
ということは山に桜を植える時、山の持ち主は山を眺めながらたくさん想像したのだろう。でなきゃ、こうも息を吐くようなピタリとしたタイミングでキレイだなとは思えないだろうね。

hanamiyama.027_001.JPG


そこら中で見かける黄色い花。

名前が分からない。



花見山公園を1周すると
もう少し上の場所に飲食ができるところがあります。

かなり高台に登っているのだろうけど
あまり疲れはないかな。hanamiyama.028_001.JPG
ただ喉が渇くタイミングで飲食ができるところがあるという…(笑
タイミングの計り方、流石です。

hanamiyama.029_001.JPG
ここの飲食スペースは花見山の中で
1番大きなところかと。

焼きそばとかうどん、そば、フランク、アイスクリーム
(かつ亭の)カツサンド、手作りの甘酒、珈琲などなど
種類も下の茶店よりも豊富でした。外なんでたばこも吸えます。


hanamiyama.030_001.JPG
入道雲みたいだったんで撮りました。

hanamiyama.031_001.JPG桜を見ながらの飲食。
私はコーヒーに感動しながらくつろぎました。



なんだろうか…
自然に囲まれた場所で一時でも自然と、心を通わせたからなのか、
心の中でたまに燻っていたちょっとしたナニカたちが消えていったような。

自然に抱かれることで、自分の問題との比を知った感じでした。

hanamiyama.032_001.JPG
飲食をすませhanamiyama.033_001.JPG

着た時と別ルートがあるようだったので
そこから下ることに。




hanamiyama.034_001.JPG
見てて飽きないとはこのこと。








hanamiyama.035_001.JPG
下りの途中にメダカがたくさん居るところ。hanamiyama.039_001.JPG


赤い金魚みたいのも居ました。




メダカが写っているの分かります?

群れをなして、うじゃうじゃいました。


hanamiyama.038_001.JPG水が濁っていたので
なかなか写真に写らない……



あと鴨も。hanamiyama.036_001.JPG2匹仲良く。hanamiyama.037_001.JPG


気持ち良さそう。





さて、この続きは次回ということで。

次回で花見山の紹介は終わりになりますね。





拍手[0回]

福島市花見山公園の紹介 その1

花見山公園へ行ってきました。

毎年恒例の大渋滞をつくる、花見山。

でも今年は観光バスがほぼゼロなんでしょうか、かなり余裕。

とはいっても……

やはり日曜日。


ちょっとは駐車場まで待たされました。

まあ、先日のガソリンを入れるために待たされた、アノ待ち時間を考えればなんてことはない。


駐車場には他県ナンバーがたくさんありました。
新潟とか春日部とか。近くでは宮城、庄内(山形)とかですかね。


駐車場に車を入れ
個人の所有である花見山を見物がてらただひたすら歩きます。

hanamiyama.001.JPG

ここは駐車場のわきにあった……なんですかね?


水が張ってありました。

hanamiyama.006_001.JPG

hanamiyama.002_001.JPG
水面に雲が…。






hanamiyama.003_001.JPG
※ 下の駐車場には仮設トイレがありますよ。



今日は、たまに曇りましたが天気は良かったですよ。

それに歩くので体温が上がり、多少暑くなります。


駐車場からも花見山の一角が見渡せます……

hanamiyama.004_001.JPG
こんなにたくさん咲いているけれど

これもほんの一部なんですよ。


hanamiyama.005_001.JPG


そして菜の花畑が駐車場に隣接しています。

駐車場は何箇所かあり、上のほうにも(山なんで)ありますが
駐車場が混んでいなければ入れるそうです(と、警備員の人がいっていた)。

でも一番下の駐車場へ車を止めて歩くのも楽しいかな、と。


駐車場を出ると茶店が軒を連ねていますよ。

こしあぶらのおにぎりとかおでん、三色団子、アイスクリーム、お土産品、切花、植木などなど。


hanamiyama.008_001.JPGhanamiyama.007_001.JPG


つくしを見つけました。





hanamiyama.009_001.JPG
下の茶店に置いてあった、たぬきの置物。

個人的には向かって右側のたぬきがかわいい。


hanamiyama.010_001.JPG
そして花見山で有名なたまちゃん。

パグ♀(12歳)

今日は起きていました。敷物まで敷いて。hanamiyama.011_001.JPG



ちゃんとがま口に、たまと名入れがして在ります。


茶店を数件越えていくと、簡易トイレが在ります。



hanamiyama.012_001.JPG
その直ぐ側からが花見山公園入り口です。



花見山公園から先は
桜の花が咲いたあぜ道などをのんびと歩いていきます。




さて……


続きはまた今度upします。

本当は写真と説明つきで、記事を全部載せたかったのですが…


ごめんなさい。



拍手[1回]

桜の盆栽と福島植物園の話し

先日、記事に書いた桜の盆栽の購入元の、福島植物園。昨日ふたたび行ってきました。

実は桜の葉に赤いぷつぷつが……


なのでどんな農薬を使うのかと思い、福島植物園に電話。

電話でいわれたのが、桜を持ってきてくださいとのこと。

また福島植物園のお兄さん曰く、赤いぷつぷつは葉ダニらしいです。


電話の翌日の昨日、早速桜を持っていきました。


昨日は一日中の雨。コチラの姿を見つけるなり植物園のお兄さんはカッパを着て走ってきました。
じろじろと桜を見た数秒後、ああ、ここですねと。赤いのが居るあたりを指差してつぶやきました。


なんの農薬が必要なのかを聞く前に、お兄さんは新しい桜をお勧め。


農薬を使えば良いだけだから、なにも返品交換しなくても…と、私。


でも結局、新しい桜と交換することとなり…

気に入っていただけに
ちょっと悲しいなと思っていると

こちらも(もともとの桜)良かったら持っていって良いですよ^^と。


え……

なんか嬉しい。

お兄さん優しい(単純な私)。


そして植物園を後にしたのですが、その後、ふたつの桜を車に積んだままホームセンターで農薬を購入。


新しい桜は家の中へ。問題となったもともとの桜は現在、外に置いて在ります。



植物園のお兄さんがいうには、なんでもいくら農薬を使ってももともと虫がつきやすいのと、初めから付きづらいのがあるらしいです。なるほど。


昨日は、ちょっと賢くなった私でした。


拍手[0回]

福島市――揺れに変化? 追記あり




震度1にも満たない揺れがあると本日の記事で上げたんですけど


さっきちょっと思ったこと(気が付いたこと?)を書いておきます。


揺れの向きが変わりました。

今までの揺れとクロスする感じの方向に、揺れている気がしました。

揺れは横揺れです。



*****************************************************

追記

揺れの方向は震源の位置によるのだそうです。

知らなかった。

*****************************************************


拍手[2回]

福島市――現在の上空

雲の様子。

17時39分に撮影した福島市上空です。


1ddbadaa.JPG d719a53a.jpg











今日の昼くらいまでは雲のない晴天でした。


それと余震ですが、震度1にも満たない微弱な揺れが今日は結構あります。
昨日はあまり無かったように思えるのですが…。



拍手[0回]

地震雲?


1_001.JPG
2_001.JPG










写真を撮影した時刻はAM11時59分ですが、福島市の上空には地震雲らしきものが出ています。









拍手[1回]

福島市の屋台――節ちゃんのおでん「紹介」

屋台が並ぶ時期といえば、祭り、正月、花見とか。

福島で屋台が並ぶ時、節ちゃん(せっちゃん)のおでんの屋台がでる。

屋台をやっているのは、年配の女性。


いつもおいしい、おでん。

屋台以外の普段は、店舗をもっていないとのこと。残念。

そして節ちゃんのおでんは飴屋さんでもある。本日、当の本人から聞きました。

飴を作るだけの場所が福島市の伊達にあり、でもそこは飴を作るだけ。
屋台を出す時だけ飴を販売してしているんだとか。

しょうゆ、ゆず、ごま、黒飴、あんこだま、茶玉などなど。
本日は信夫山入り口付近の屋台の奥で飴を売っていました。

当然、全部手作り。


それと

節ちゃんのおでんは、おでんと飴がおいしいだけじゃなく
焼きそばも美味しい。かなりうまい。




ということで、機会があったら食べてみてください。




拍手[1回]

花見



花見――桜。


ひとときの安らぎ。桜。



1102_001.jpg



ところで桜って、さくらんぼなんですね。



知らなかった。


ここ最近になって始めて知りましたよ。

S2_001.jpg


梅が梅干になってしまうのは誰もが知っていることだけど


桜がさくらんぼだなんて、知っていましたか……?
S1_001.jpg


……案外、知らないのは私だけとか(笑

うーん。ありえる。


110_001.jpg



真相がなんだったとしても



桜に癒されてきた、私。





いいですよね。桜。





拍手[3回]

占い軒龍卑のBlog




占い軒龍卑の最新情報




ハルカのぼやき






you tube

Healing Graphic arts

by: 軒龍卑













六魂祭前日の練習~ブルーインパルス







2013東北六魂祭

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵
メルマガは無料です^^
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵

メルマガ購読・解除
 


■まぐまぐヘルプ(携帯電話のドメイン指定受信方法)

http://help.mag2.com/000314.html


■携帯からの登録はコチラ

http://mobile.mag2.com/#kensaku


■検索ワード
「占い軒龍卑」





当サイトにて公開している(写真の)画像、自作画像、文章等の権利は管理人によって保護されています。

管理人の許可なく併載、転載、再配布、リンクを行うことは一切禁止とさせて頂きます。

ただし占い系のリンクは

【除霊・呪術・霊感 占いハルカ 「白月光」 】

のタイトルを明記して頂ければ勝手にリンクしてもらってOKですが、
プロフの画像を断りもなしに使うのは禁止です。その場合、抗議しますよ?

また相互リンク希望の方は下記のメールフォームからご一報ください。



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
白月光 by 白月光 is licensed under a Creative Commons 表示 - 改変禁止 2.1 日本 License.
lovepeaceworld.blog.shinobi.jpにある作品に基づいている。






*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*

■□■スカイプ■□■



スカイプの鑑定も
受け付けています。

2012/01/22 (Sun)

■□■鑑定受付■□■

午後1時~午後8時
月~土曜日まで

日曜休み

2011/03/05 (Sat)

*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*



blogの購読







□■*:;;;:*□■□■*:;;;:*■□


当方は宗教団体とは一切関わりありません。

尚、宗教等への勧誘等も行なっておりません。





ネットストーカーが居ます。

ハッキリ言って卑怯者のせいで迷惑しています。


□■*:;;;:*□■□■*:;;;:*■□



06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31










迷いは生きているからこそ…
















kaiseki-test


アクセス解析

バーコード

プロフィール

HN:
軒龍卑(haruka)
年齢:
49
性別:
女性
誕生日:
1969/11/06
職業:
占い師
趣味:
占い/絵(デジタルアートも含む)を描くこと/その他は密かに多趣味だったりします。
軒龍卑の近況:
なにげ修行は一生だという考えの持ち主です。
形の無いたったひとつの本当へ意識と脳が融合した状態で辿りつくことを数ある修行の中でも最低のラインと考え実践います。

それから近年の変化ですが、霊界との関係性に変化があり、有効な知識を蓄え血肉にするため日々鍛錬しています。

私生活では極力霊界の事情を持ち込まないように、仮に持ち込んだ場合は速やか且つ敏速に対応しています。

それから私はかなりの方向音痴です。
なので出張へ行くと数回に1度の割で逆方向へ移動することが…。
しかも霊視中にも方向音痴が炸裂するので、東西南北ではなく時計表示&前後左右で方角を説明します。

解析パーツ

携帯アクセス解析

((([\/]  軒龍卑にメールをする

(1)印の部分は必須です。未記入だとメールが私宛に届きません。(2)記号や( )、特殊文字等を入れると文字化けしてしまうので、ご注意を。

最新CM

コメントを残していきなさい(笑)って冗談です。気軽にどうぞ。



[04/18 うに]
[11/15 うに]
[12/26 うに]
[10/19 うに]
[02/01 うに]
[01/24 うに]
[11/10 うに]
[09/27 アイカネ]







※当たり前のことですが、悪戯を目的とした書き込みや荒し行為は禁止です。