白月光 My thought(私の思想)|除霊・呪術・霊感 占い軒龍卑 「白月光」

除霊・呪術・霊感 占い軒龍卑 「白月光」

あなたは本当の自分で生きてますか

本当のことへ辿り着くまでに言葉は違っても






桜は心の温度を穏やかにしてくれます。

変わらないものなどこの世には存在しませんが、桜もその多くの中のひとつですね。



先日とある本を読んでいたのですが、人の目に映る事柄は「全てが幻である」というようなことが書いてありました。

「全てが幻である」ということと同じ意味の内容を、私自身、自分なりの言葉で理解はしてましたが、自分以外の人が表現した言葉(文章)を読むことで、仮にそれら言葉(文章)が結果的に私が思う内容と全く同じ意味を示しているとしても、自分とは異なる視点、つまり視点の違いというのは良かれ悪かれ気づきにもなるのかなとも思います。というかそこでしか気づきは得られないとでも言うべきか•••。
なぜなら、気づきとはいつもと違う思考が入り込んだ時しか「気づき」はあり得ないので。


ちなみに、物事を捉える時の的確な視点を増やしていくことで唯一無二の真実へと繋がることも多々あります。


拍手[2回]

占い 軒龍卑 「意志がもたらす事情」

できない

やらない

そのどちらだろうと思う。

あるいはそのどちらでもないかもしれない。



今あった決意だと思える気持ちが
諦めに似た気持ちが現れることで
次の瞬間には決意が消え、諦めが心地よく広がっていく

なのに罪悪感と共に再び決意はよみがえり、良く言えば中途半端な意志、悪く言えば適当という事実となりそれら感情は実在したりする。

このように金魚が水面に浮かぶような行為である、繰り返す意志の浮上は…
それはつまり、虫が群がっている甘い香りは罠なのだと知らずに近づくようなものだし、結局は罠だと分かっていない状態であって、ハッキリ言えば状況をちゃんと理解してないという現実を示すものだし現実を見てないとも言える。


いつもとは異なる慣れてない感情の位置に負荷が掛かった時、人はそうした継ぎはぎだらけの意志みたいに見えるソレの全貌が現れたりするもので。
現時点での実力のほどを知ることで金魚の浮上が出来なくなり、いかに誤魔化して生きてきたのかを嫌でも知ってしまう事がある。
分かったつもりになっていた自分や出来たつもりになっていた自分が
価値の無い自分を目の当たりにして…
もがくか・逃げるか・受け止めるか。行動の選択肢からすればただそれだけのことなのかもしれないけれど、どの行為を選ぶのかはそれまでの生き方とすごく関係してて。
だけれども見かたを変えると、殆ど諦めてるにもかかわらずちょっとだけ良い自分が残ってるわけで。そのちょっとだけ良い自分がどれだけ踏ん張れるかというところで、人間性が、生き方が、自分が、変われる…。という意味と繋がるのだと思う。

そこが意志という結果論になり、と同時に人間性ともなりうるポイントなわけで。

どう生きるかは自分次第なのだけれど

それでも…永遠の命ではないし一度だけの限りある命なのだから
自分に対し敬意を払って生きなくてはいけないと思ったりもします。

拍手[7回]

自由の意味について軽く辿ってみる

ふと思ったこと。

俗に言う自由とは不自由のことなんじゃないのかと。
(自己啓発的な意味で“自由になる”の、自由)

なんとなくですがそんなふうに感じました。


いわゆる状況の自由を求めることを自由になることだと結論付けてしまうから自由が不自由になるわけで。

自由の収まる場所ってつまり心の位置と視点のこと。ただそれだけできれば自由、つまり自由という言葉は不適切であり、正しくは自然な自分でいれるということになるんだと思う。

つまりそもそも自由とは俗説(根拠のない話しというか俗説から生まれた言葉)であり、実際に存在しているのかどうかさえ疑問なのではないのかと思う。

拍手[3回]

現実についての考察

この世の本当を知っていく過程で思うことがある。

正しいことが正しいばかりではないと、また、正しいことがどんなに正しくても正しさが空中分解してしまい正しいの意味を成さなくなることもあると。

だがそれでも言えることは行動により結果が決まっているのではなく、気持ちにより行動の中心が決定しある種の拘束ができそこへ行動が加わることで結果が決まってしまうということ。






辛さのループから抜け出れ無い時とは
もともと綱など存在してないのに、さも綱渡りの状態が実在しているかのようにして床の上を歩く時であり。
また、そこが床でしかないのに空中だと思い込む現実を自己内で作り上げるから思うように歩けないし不安も膨らむのであって、それゆえ悩みという存在しないテーマへと移行するわけで。

つまりそれらは空想(非現実)というだけのことでただそれだけのことでしかないのに、悩みへと突入した挙句どうにもならないことをどうにかしようとするため人は時に「衝動から繋がって“くれるはず”の未来絵図が」実在するのだと思い込んでしまう。


だがしかしそのルートからの現実とは、単純に未来は存在したとしても、“在るはずだと思い込んでいた「衝動の詳細でもある、つまり衝動を根幹として湧き出てきた願いや思い、気持ちなどからの未来は」現実の中に形など残せない”ものだし繋がっていると思っていた今と未来を結ぶ点と線も存在してはいない。

この状態が何を意味するのかもう少し優しい言い方をすると、自己内の現実や自己内の常識が現実へも反映されていると錯覚していて、当然錯覚からの未来も実在していると考え、夢という名の妄想を抱いてしまう。その結果、現実を見ていないわけだから思い描いていた事とは異なる現実が実在するわけで、ゆえに今と未来とを繋ぐ架け橋だと思い込んでいた“自分の思い(正しくは衝動を根幹に発展した思いや考えなど)からの未来は実在しない(できない)と”いうことになる。

いわゆる現実を受け入れているかいないかが問題なわけでその結果現実の中で“非現実を生きる者と現実を生きる者の”差が出てきてしまうということでしかないと思う。

結局は現実を受け入れるのは人のキャパなのかもしれないが、それでも現実を受け入れなくてはいけない問答無用の現実というのが実在しているので、そういう意味で時に強引に運命の方から切り込みを入れられてしまうことがある。

だからこそ思うことは
現実を知っているというカードを持つ者だけが、いざという時に運命に立ち向かうためのステージへあがれる権利を持てるのだと思えます。




非現実を現実と思い込んだままだとどういう結末になるのかというひとつのパターンが分かるかもしれないDVD「トゥルーブルース」ブラピが出ています。興味がある方は観てみるといいでしょう。




拍手[3回]

物事の成り立ち



最近笑ってますか?

笑える生活って大切ですよね?




お金があっても権力があっても地位や名誉があっても、お腹抱えて素直に笑える瞬間がなかったらそんなものあってもしょうがないよねって思いますが…
いかがなものでしょうか?



当たり前の生活

当たり前の日々


そういうのは当たり前ではなくて



当たり前ではないという意識が


瞬間瞬間の命を輝かせていくわけで


それはつまり謙虚な気持ち以外の何者でもないし
その気持ちがあるからこそ幸せを感じ取れる。


謙虚な気持ちって誰かやナニカに流されてばかりだと
何処かに行ってしまう感覚なのだけど……
結局こういうのって、謙虚ばかりでなくても仮に何事だったとしてもひとつのことは複数から成り立っているものだと思うんです。

まあ、それって考えないと気づかなかったり分からなかったりするから
見過ごしやすいのかななんて思いますね。

拍手[1回]

人生の中でナニカを受け入れるタイミング的なこと~人の強さ

強くなろうとして強くなれる人はいなくて…

強いっていうのは……
気が強いのと本当に強い人は全く意味が異なっているし
ハッキリものを言うから強いわけでもないし

強いっていうのは
実際は弱いことを知っているから強いって言われてるだけだと思うんです。

強いと言われる人の多くは、ただただ誰かやナニカの立場や気持ちを理解しようと真剣になってたり、どんな状況だったとしても自己内の良い意味での気持ちを離すものかって向き合っているだけなんだけど…。

それでも、そういうのを強いねって軽い気持ちで言われたりすると、なにかの痛みを感じちょっとだけ違和感を覚えてみたり。

なんていうか、本当は強い人なんてどこにもいないんだよって思う。

誰だって弱いんだよねって、人は同じだよって、そう思う。

それでも強さが違うように思えたり差があるように感じるのは、経験とか年齢なんかじゃなく、どれだけ気持ちを込めて自分や誰かやナニカを見ているかただそれだけなんだと思う。

強いとか弱いとかって自分以外の誰かが判断するものでしかないわけだし、いわゆる結果論なので自分の中の出来事とは異なるわけしょう。それでも自分以外の誰かが判断する強さや弱さとは現実なのですが、それだとしてもまわりがどう思おうと、自分だけは誰かやナニカに対し“(弱さやもろさ、危うさを理解する意味での)裏切りたくない”という純粋な思いさえあれば、それでいいんじゃないのかなって。…充分だよね、と。

結局強さに拘る意味なんて無くて、どれだけ強くなれたかなんてのは実際どうでもいいことなんだよね。

もし人の強さがなんなのかという答えがあるとしたら、自分や誰かやナニカを裏切りたくないという誠意が自己内の信頼と繋がり、ただただその思いを継続していくだけのことなのかなと思うのです。強いという結果ではなく、続いているその様というか。

また、自分の気持ちだとしても誰かやナニカだったとしても、湧き出てくる余計な気持ちを見ないで手放しで愛してあげたらいいんじゃないかなと。手放しで愛することは人生で起こりえた何かしらの出来事を受け入れる体制でもあるわけで。


今のところ人の強さについてそんなふうに考えています。


拍手[4回]

生きる意味について

まともな考えをするためには

 

まともな環境作りと絶え間なき気づきが必要だと思うのです。

 

 

生活の基本が歪んでいた場合

思考も当然のように歪みます。

 

つまり何かの病気の人が居て

病気を悪化させるような環境があるままだと改善はしません。

この場合、余計に症状がひどくなったり、病気が悪化したりするでしょう。

 

病気がとても酷い状態なのに、健全な考えをしなさい。

 

というほうが過酷なことになるわけで。

 

なので、まともな考えを持ちたいのであれば

まずは環境を整えなくてはなりません。

 

 

ですが、いざ問題となる場が家庭であったとしたら

なかなか厄介です。

 

 

なぜなら

 

機能不全家族という可能性も考えられるからです。

 

 

機能不全家族とは、

 

不健全な要因をそれぞれが持ち、または持ってしまい、

 

不健全を不健全と思わず「これが普通だよね」という具合に思い込んでしまうことにより

 

社会不適合に陥りやすいのですが、

 

仮に機能不全家族だった場合

 

機能不全家族から脱却するのは、かなりのエネルギーを必要としますし、年月もかかるでしょう。

 

また、個人の状態によっては必ず脱却できるという保証もないのが機能不全家族なのです。

 

 

結局、機能不全家族ばかりではないのですが、このような何かしらの「まともではない環境」があると

まともな考えに到達しづらいです。

 

 

まともな考えというより、正しい(または正義)考えの必要性はこの世の法則から成り立っているもので

人が人として生きていくためには辿りつく心境、つまり真実のひとつなのだと思います。

 

 

 

ですが、辿りつくまでの道のりが長いか短いか

あるいは死を受け入れる直前かというだけのことです。

 

 

どんなに履き違えたビジョンを持っていたとしても

生きている間には本当の事が分かるものです。

 

どう生きるかは自分次第ですが、

辿りつく真実の境地に高低の差はあれど誰もが同じように辿りつくわけですから

本気で生きるという事は大切なんじゃないのかなと思います。

 

 

拍手[3回]

慌てずに・・・けれども日々鍛錬し

見えないところに真実があり

真実を知ろうという気持ちが、見えないところに潜んでいた真実の姿を目撃し、

その結果、真実を掴んだつもりになると幻想が現れ・・・。


人はそんなことの繰り返しでも


それでも少しずつ真実へ近づいていくもので。


真実、つまりこの世の何かしらの本当を理解するというのは

死を受け入れるまでに
どれだけ真実を理解できるのだろうというぐらいの
そういう気持ちで良いんじゃないかなと思う。




人ひとりが生きていくということは


勝ち負けじゃなく


評価でもなく


どれだけ実の詰まった人生なのかということのほうが大切なわけで。





ゆえに実が詰まるというソレは、日々の繰り返しの結果であり、また、生きている中で、全ての物事において初めから終わりまでのとても重要なポイントでもあるのかな、と。



拍手[1回]

占い軒龍卑のBlog




占い軒龍卑の最新情報




ハルカのぼやき






you tube

Healing Graphic arts

by: 軒龍卑













六魂祭前日の練習~ブルーインパルス







2013東北六魂祭

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵
メルマガは無料です^^
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵

メルマガ購読・解除
 


■まぐまぐヘルプ(携帯電話のドメイン指定受信方法)

http://help.mag2.com/000314.html


■携帯からの登録はコチラ

http://mobile.mag2.com/#kensaku


■検索ワード
「占い軒龍卑」





当サイトにて公開している(写真の)画像、自作画像、文章等の権利は管理人によって保護されています。

管理人の許可なく併載、転載、再配布、リンクを行うことは一切禁止とさせて頂きます。

ただし占い系のリンクは

【除霊・呪術・霊感 占いハルカ 「白月光」 】

のタイトルを明記して頂ければ勝手にリンクしてもらってOKですが、
プロフの画像を断りもなしに使うのは禁止です。その場合、抗議しますよ?

また相互リンク希望の方は下記のメールフォームからご一報ください。



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
白月光 by 白月光 is licensed under a Creative Commons 表示 - 改変禁止 2.1 日本 License.
lovepeaceworld.blog.shinobi.jpにある作品に基づいている。






*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*

■□■スカイプ■□■



スカイプの鑑定も
受け付けています。

2012/01/22 (Sun)

■□■鑑定受付■□■

午後1時~午後8時
月~土曜日まで

日曜休み

2011/03/05 (Sat)

*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*



blogの購読







□■*:;;;:*□■□■*:;;;:*■□


当方は宗教団体とは一切関わりありません。

尚、宗教等への勧誘等も行なっておりません。





ネットストーカーが居ます。

ハッキリ言って卑怯者のせいで迷惑しています。


□■*:;;;:*□■□■*:;;;:*■□



03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30










迷いは生きているからこそ…
















国盗りカウンタ~




kaiseki-test


アクセス解析

つぶやき

バーコード

プロフィール

HN:
軒龍卑(haruka)
年齢:
48
性別:
女性
誕生日:
1969/11/06
職業:
占い師
趣味:
占い/絵(デジタルアートも含む)を描くこと/その他は密かに多趣味だったりします。
軒龍卑の近況:
なにげ修行は一生だという考えの持ち主です。
形の無いたったひとつの本当へ意識と脳が融合した状態で辿りつくことを数ある修行の中でも最低のラインと考え実践います。

それから近年の変化ですが、霊界との関係性に変化があり、有効な知識を蓄え血肉にするため日々鍛錬しています。

私生活では極力霊界の事情を持ち込まないように、仮に持ち込んだ場合は速やか且つ敏速に対応しています。

それから私はかなりの方向音痴です。
なので出張へ行くと数回に1度の割で逆方向へ移動することが…。
しかも霊視中にも方向音痴が炸裂するので、東西南北ではなく時計表示&前後左右で方角を説明します。

解析パーツ

携帯アクセス解析

リンク集

リンク希望の方はURLを明記して、メールフォームからどうぞ。(リンクフリーではありません)







作業用BGMにでも どうぞ^^☆
三角の再生ボタンをクリックで聴けます。
(無料です)

Bon Jovi
ユーチューブで音楽を試聴|Music PlayTableランキングPLAYTABLE


track feed 白月光

育ててみようかと^^
記事の投稿で育つのだとか。
成長を見守っていてください。

H,22,12,11,現在



blog内リンク一覧
ポチッ↓↓


正確な標準時刻
Powered by pasol.net


((([\/]  軒龍卑にメールをする

(1)印の部分は必須です。未記入だとメールが私宛に届きません。(2)記号や( )、特殊文字等を入れると文字化けしてしまうので、ご注意を。

最新CM

コメントを残していきなさい(笑)って冗談です。気軽にどうぞ。



[04/18 うに]
[11/15 うに]
[12/26 うに]
[10/19 うに]
[02/01 うに]
[01/24 うに]
[11/10 うに]
[09/27 アイカネ]







※当たり前のことですが、悪戯を目的とした書き込みや荒し行為は禁止です。