白月光 私の個人的な人間関係|除霊・呪術・霊感 福島の母 占い軒龍卑 「白月光」

除霊・呪術・霊感 福島の母 占い軒龍卑 「白月光」

あなたは本当の自分で生きてますか

自分への忠誠心

とある日程が刻々と音をたてて確実に私の現実へと迫ってきています。

それはあと数日で決行することとなるでしょう。


…仕事といえば仕事でもあり


…プライベートといえばプライベートでもあり



どちらだとしても

真剣に取り組まなくてはいけないこと。



まあ、なんといいますか


火には水

悪には正義

そんな気持ちではなく、


たとえば


水は温度が低下していく過程で氷になる

悪の消滅があるとしたらどんなふうに何の割合を変化させていけばいいのか。


つまり

今の私は



ひとつの物質を生みだすために

幾つもの実験を繰り返す小さな科学者ような状態ですね。




なんにしても
時間は限られています。


いざ実践となった場合の時のために
知識という自分の中の辞書が文字で埋まることで
決行するであろう物事が容易に展開ができるよう

がんばるつもりです。

まあ…

ここに書くことで

自分への誓いの忠誠心をより多く高めておきたくて

それで書いてみました。

拍手[0回]

ありがとうの思いを…

愛のある優しさを知ると

数個前の優しさの欠片を優しさだと思えたりすることがある。


大抵は言葉にできない優しさを受け取った時。

そして
自分の今ある優しさの成長過程に存在したものでもある。
その成長過程にあったであろう、少し前に脱いだはずの用の無い殻。

つまり、「数個前の優しさ」がよみがえったりする。


優しさを束で貰い、心の温度が平穏まで上昇し、真心に感謝している今の私。


お裁縫の半返し縫いのような戻り方をして
人は何かを知っていくように思う。

案外、今の私は本返し縫いかもしれない。




私が貰った真心に、返せるもの。

それは私しか贈れない私からの真心を形を代えて贈ろうと思う。

それは
それまで言葉に表せなくて
うまく言えなかったこととか

偽りの自分を捨てきれない自分が存在したせいで
言葉としての命を持たなかったものとか


そういうもの全ての形の無いかたちにして

贈ろうと思う。



混じりの無い

恩にきせないような

そして優しく包む暖かさが

そういう全てが嬉しかった。



その思いに
その行為に
腹の底から感謝している私がいる。

ありがとうを伝えても
ありがとうを溢れるほどに伝えても
それでも、足りないくらいに感謝してる。



温度ある数時間と

その時の中でのたくさんの言葉と

包み込まれるような心の呼吸を


……ありがとう。

拍手[0回]

点であり点ではないもの

この世は力が反発し合い、そして抵抗があり、その空間の中で生命が呼吸を繰り返している。

様々な中心となる点があり

また

それらの点は

幾万通りもの絵図を描くもの。


中心となる点はまるで水の粒子のように柔軟で

中心となる点はまるで水のように全てを飲み乾すもの。


とても柔軟なのだけど

何かと何かのバランスが
別のバランスへと移行すると
それまでのバランスの頂点が変わる。

それらは

破滅とも

奇跡とも

そう人々に囁かれる言霊と成る。


全てを飲み込むその中心点となった位置は
とても静かで
とても軽く
そして険しい絶壁のよう。

見渡せば

鳥が空を羽ばたくし

海は雄々しくひろがり

太陽が地球を照らす。


その位置の何処とでもなく
その位置の全てである


無と成った力は

きっと

鳥であり
海であり
太陽なのだろう


海に溶ける空気のように
空中に浮遊する酸素のように

点であり
点ではないもの

川の石のような人の心…

拍手[0回]

ひどい私…

つい先日のお話し。

仲良しのAちゃんからメールが来た。


「占い師をやる」


そうヤツのメールには書いてあった。


それまで、ヤツには、

占い師をやったらいいじゃん。
もしも何か憑いたら取ってやるよ。

と本当にそう思い言葉を伝えていた。


んで、そのメールをもらった私は…
独立するつもりで占い師をやるのか?
と、返信をした。

その返信にヤツは、当然、独立するのだと返してきた。



そして、がんばってねと応援するならまだしも

「じゃぁ、今から私とAちゃんは敵だな」

と返したのだ…。



まあ、なんて酷い人と自分でも思うけど…
でも実際に独立に向けての占い師なら当然ライバルでしょ。
ヤツが大事だからこそ、私も正直に言ったのね。


でもね、ヤツもヤツなんだよ。

敵だと言った私へ、


私と敵になるならやらない。


と、アッサリと信念を捨てやがった…(笑)


ちなみに、その信念を速攻で捨ててメールをよこしたヤツをみてさ、
正直、笑いながら真面目なメールを返したよ。

なんて簡単に信念を捨てるヤツなんだってね(苦笑)


なんていうんだろうね。
こういう心のやりとり私は好きだな。
新鮮な緩い緊張感。

仮にヤツが独立して占い師になったとしても
ライバルには変わらないけど

それだとしても
新鮮で緩い緊張感の中で付き合うだろうなって、自分とヤツの未来が想像つくよ。

まあ、本音を言えば、その舞台に居てくれる仲間が今は欲しいかもしれないね。
無いものねだり…かな(笑)

拍手[0回]

凹みのお話

ここ数日は、心配事というか、とても心配になってしまうお知り合いや仲良しさんやら絶え間なく続いている私です。

ちなみに、今現在は片手一杯になってしまっていますね。

なんというか、みんな生きていると色々あるよ。うん。私もね、占い師をしているけど、そんなのと関係なく悩みは在る。悩みというか、まあ、片付けていかなくてはいけない問題が幾つか在るといったほうが正確かもしれない。

占い師なんだから悩みなんて無いでしょ。霊感が在るなら、本物なら…。なーんて、頼むから言わないでよ(笑

大体さ、悩みというか事が起こるのは霊感あるなしに起こるわけだし。
…まあ、いいや。本気で話が間延びしてしまう(笑
その話は強制終了ということで。

(ノω`*)ノハイ、オシマイ


色々辛いことがあるとさ、なんていうか夜が虚しいよね。空虚というか…。消え入りそうな自分みたいな感じ。
それで寝れなかったりして、朝になって外が薄っすらと明るくなってさ…。

あーあ、なにやってんだよ自分。

こういう瞬間って凹むよね。
自分に罪悪感とかそんなんじゃないのだけど、それでも、夜遊びして悪いことしてきたみたいな気分で朝を迎えたりもする。

そんな時にバリバリ仕事をしている仲間を目の当たりにして、余計に凹んで…。
で、そいつがいつもいつもバリバリだったりすると、途轍もない距離を感じたりなんかしてね。

まあ、そんな感覚も、まだ良いほうなのかな…。

ツボに入るとそうはいかないし。

朝が来ようが夜になろうが、心の中は海の底のようだ。

そういう時は私の場合、仕事に没頭する。あぁ、誤解の無いように書いておくけど、どんな時でも仕事の時に平常心を保てなくなったら、私は占い師を辞めます。なので、こりゃ、危ないとか思わないでください(笑
仕事がオフだったりしたら、出かけることもあるけど…。
でも、大抵は人との接触を避けてしまうか、逆に、いつも以上に密に繋がって誰かと居るか。そんな感じだね。

辛いときって、こんなのがいつまで続くんだよって思えてしまう。
ただただ時を刻んでなんのためにここで何してんのみたいなさ。
いつまで歩けばいい?
どうしたらこの辛さが切なさが中和される?
なんて少し大人しく考えてみたり。

んで、余計にツボって(笑

ああ、最悪みたいになる。

まあ、なんていうの。
嫌なことは嵐で。
嵐が過ぎ去るまでじっとして。
体力温存して。
そんな風にして対処することもあるかな。

それにしても、みんな色々あるよ。

それだとしても、私はその人たちの味方だ。
たとえば、私が落ちていたとしても、それは私の問題で、その人たちが辛いときは別だし。

だからさ、気を使わないで欲しいと思っているよ。
うん、ほんとに。
その代わり、私が泣きついたら助けてよとは企んではいるけどさ。
なんにしても辛いときはお互いさまだよ。ほんと、そう思ってる。

拍手[0回]

夢を追いかける仲間

先日、仲良しさんと「智」をテーマにお話をしたの。

まあ、簡単に言えば、いつなんどきにそれまで蓄えた知識を出せば、世で言う智になるのか。
と言うようなこと。

話した切欠は心理学の話に始まり、犯罪心理へと流れ着き、結果、相手の意識を表面化させるのもさせないのも自分自身の「智」により展開が往々にして変化する。という「今回のふたりのテーマ」に到達。

つまりさ、相手が吐き出す言葉にしても、

その相手が起こすであろう行動にしてもね、

自分自身が「相手のどの部分へ始点を持っていくか」による。

その始点とは読んで字のごとく始まりを意味するポイントだけど。

逆に言ってしまうと、その点を何処に持っていくかによっては、自分が吐き出す言葉や、行動によって、
「相手がだすものが変わってしまう」ということ。
要は狂気を呼び出してしまうことも在り得るというわけ。

それって、相手の吐き出したものが「精神の悪」をベースにした場合、自分が悪を引き出す鏡になってしまうという意味でもある。その結果、時として(相手側の)犯罪が完成することもある。

また、鏡を封鎖してしまうと、相手の突き上げる精神の悪は増幅し、僅かなミクロの出口へと向かう。
このミクロへ向かう心理は途轍もない危険を含んでいるよね。
だって、窮地へ追い込まれたけものの状態を簡単につくってしまうのだから。

だからこそ、それらの(相手の)感情を「智」により

空中分解させることができればいい。

まあ、最後のお話での〆はそんな内容だったよ。

というかさ、こういう心理は大小問わず、いつでも潜んでいる「魔」でもある。
こういう魔は幾万通りにも現実で展開してしまうのがこわいところ。
たとえば、職場のいじめのきっかけになるとかもあるしね。恋人や家庭の離別や崩壊とも繋がるわけ。

だからこそ、智を生かすには、始点の捉え方が重要なのだと思うよ。


…ふたりでそのお話をしたいがために、仲良しさんはまるまる1日をかけて分厚いハード本を読み終えてくれた。その本を読んでもらわないことには意味が伝わらないし、ましてや互いが同時のスタートラインへ立つことが出来ないから話がややこしくなってしまう。

で、仲良しさんはがんばって読んでくれたわけ。

こういう話は誰とでも出来るわけじゃなくて、話してもよい相手というのがある。

まあ、その仲良しさんとはそんなお話をしょっちゅうしている。

なんていっても、その仲良しさんはがんばり屋さんなんだよね。
猛烈な努力をなんなくこなしてしまう。それも何てこと無い顔をしてね。

生きるということに対し、その仲良しさんは貪欲で粘り強い。

そういった姿勢に私はいつも尊敬の念を抱く。たとえその努力がずれた方向だとしてもなんだったとしても、大切なのは、純粋無垢な姿勢だからね。

こんなタイミングじゃないと、とてもじゃないけど目の前でこんなことを真剣に言えないわ…。
第一、照れてしまうからね。
その仲良しさんが、記事にコメントを入れないことを百も承知で書いている。

なんていうか…

ヤツが居るから私も真っ直ぐに戻れる。

そんな気持ちがいつもあるかな。

ヤツは大事な存在です。

なので今在る様々な素材を社会的に生かす時期がきたら、誰よりも応援し、協力していきたいと思っているんです。

ヤツの夢が夢で終わらない、終わらせないために、力になりたい。
何の迷いも無くそう思わせてくれる大切な人ですよ。

拍手[2回]

心の温度を温めてくれるもの

とある仲良しさんから聞いたお話。

五月病に続いて六月病があるんだって!!

それを聞いた私は電話口で思わず噴出してしまった。大笑いだし。
六月にそんな名前がついてしまったのね…。

まあ、その人とお話をしていると終始に笑いが飛ぶ。

笑うことは良いことだよ。うん。


そういや夜中のメールでも笑ったな。
その時の笑いのお相手は、妹みたいにかわいい存在の子。

クマのぬいぐるみに「ハルカ」って名前を(本気で)つけるのだそうで(笑)
ちなみにクマは私(ハルカ)そのものなのだと言うし。
大笑いしながらも憎めないなと。なんかね、彼女の真心に触れたみたいで優しい気持ちになったりしてさ…。

真心を貰った瞬間って、心を洗われることがある。

けど、やっぱり。
それでもね、

そうかい、私はクマかい。とか思ったけど(笑)


なんていうか、笑うことは当たり前じゃないけど、大事だよね。

こう、余りにも辛いと腹の底から笑えなくなるでしょ。

最近、ちっとも笑ってないな…。なんて、自分を振り返ると虚しい気持ちが込み上げてきたりしてさ。やっぱ、そういうのはさみしい気分になるよね。

だから、せめて、心の緊張を取る。そんな自分なりのアイテムがあれば心強いよねとか思ってしまいます。


まあ、
これをしたら落ち着く。

そんな感覚は人により様々だし、
だからこそ自分だけのアイテムが見つかるといいよねと思うのだ。

拍手[0回]

無意識が意識上に上ったことを認識するかしないかという問題について

無意識の世界とは、とても広く、それらはまるで大宇宙のように果てしなく未知の領域でもある。
けれども、その無意識とは、自分の本音であることには違いないのだ。
無意識という名のイメージは、ただ単に意識をしていない領域のようにとらわれがち。
でも、ただ単に、意識をしていないだけの領域ということじゃなくて、自分の本音が息づいている。


今日はたまたま、そういった深い部分でのお話をする機会があった。


その相手とお話した内容はこんな感じ。
まず、本人が自覚できていない無意識の領域がある。で、自覚している本人の意識の中で「無意識から浮上した“本音”」が、意識上でどんな風に自分自身が自覚しているのか。

という感じで、あるテーマに対し議論したのだ。

まあ、あるテーマとは、その本人が幼い頃から耐え続けてきた「自分」とは、どのような状態で今に至り、そして、それらの切欠となっていた「思考壁(スキーマー)」がなんであるのか。そんなことをテーマに議論をしたのだ。

様々な話を続けた結果、結論にいきついたのだけど、結局、辿り着いた結果とは「憎しみや怒りを持つ自分の抹消」だった。その感情を抑圧していくことで、これまで起こっていた悪循環が精神に多大な影響を及ぼしていたんだね。といったことになったのだけど、そのことを本人が、今までどんな風に認識してきたのか。だから、これからどんな風に認識を変えていけば良いのか。というお話まで展開は広がった。

所要時間は役2時間かな。

まあ、そのあたりのデリケートな問題は誰にでも在りそうなポイントだよね……。

拍手[0回]

占い軒龍卑のBlog




占い軒龍卑の最新情報




ハルカのぼやき






you tube

Healing Graphic arts

by: 軒龍卑













六魂祭前日の練習~ブルーインパルス







2013東北六魂祭

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵
メルマガは無料です^^
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵

メルマガ購読・解除
 


■まぐまぐヘルプ(携帯電話のドメイン指定受信方法)

http://help.mag2.com/000314.html


■携帯からの登録はコチラ

http://mobile.mag2.com/#kensaku


■検索ワード
「占い軒龍卑」





当サイトにて公開している(写真の)画像、自作画像、文章等の権利は管理人によって保護されています。

管理人の許可なく併載、転載、再配布、リンクを行うことは一切禁止とさせて頂きます。

ただし占い系のリンクは

【除霊・呪術・霊感 占いハルカ 「白月光」 】

のタイトルを明記して頂ければ勝手にリンクしてもらってOKですが、
プロフの画像を断りもなしに使うのは禁止です。その場合、抗議しますよ?

また相互リンク希望の方は下記のメールフォームからご一報ください。



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
白月光 by 白月光 is licensed under a Creative Commons 表示 - 改変禁止 2.1 日本 License.
lovepeaceworld.blog.shinobi.jpにある作品に基づいている。






*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*

■□■スカイプ■□■



スカイプの鑑定も
受け付けています。

2012/01/22 (Sun)

■□■鑑定受付■□■

午後1時~午後8時
月~土曜日まで

日曜休み

2011/03/05 (Sat)

*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*



blogの購読







□■*:;;;:*□■□■*:;;;:*■□


当方は宗教団体とは一切関わりありません。

尚、宗教等への勧誘等も行なっておりません。





ネットストーカーが居ます。

ハッキリ言って卑怯者のせいで迷惑しています。


□■*:;;;:*□■□■*:;;;:*■□



06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31










迷いは生きているからこそ…
















kaiseki-test


アクセス解析

バーコード

プロフィール

HN:
軒龍卑(haruka)
年齢:
49
性別:
女性
誕生日:
1969/11/06
職業:
占い師
趣味:
占い/絵(デジタルアートも含む)を描くこと/その他は密かに多趣味だったりします。
軒龍卑の近況:
なにげ修行は一生だという考えの持ち主です。
形の無いたったひとつの本当へ意識と脳が融合した状態で辿りつくことを数ある修行の中でも最低のラインと考え実践います。

それから近年の変化ですが、霊界との関係性に変化があり、有効な知識を蓄え血肉にするため日々鍛錬しています。

私生活では極力霊界の事情を持ち込まないように、仮に持ち込んだ場合は速やか且つ敏速に対応しています。

それから私はかなりの方向音痴です。
なので出張へ行くと数回に1度の割で逆方向へ移動することが…。
しかも霊視中にも方向音痴が炸裂するので、東西南北ではなく時計表示&前後左右で方角を説明します。

解析パーツ

携帯アクセス解析

((([\/]  軒龍卑にメールをする

(1)印の部分は必須です。未記入だとメールが私宛に届きません。(2)記号や( )、特殊文字等を入れると文字化けしてしまうので、ご注意を。

最新CM

コメントを残していきなさい(笑)って冗談です。気軽にどうぞ。



[04/18 うに]
[11/15 うに]
[12/26 うに]
[10/19 うに]
[02/01 うに]
[01/24 うに]
[11/10 うに]
[09/27 アイカネ]







※当たり前のことですが、悪戯を目的とした書き込みや荒し行為は禁止です。