白月光 霊感から見た心理|福島市・除霊・呪術・霊感 福島の母 占い軒龍卑 「白月光」

学校の先生たちが病みはじめている

学校の先生の不祥事、多くなりましたね。

学校の先生もウツや心身症、精神病が増えている(霊感)。


先生から見た生徒と、生徒から見たクラスメイトは、違うもの。


その境界線が分からず、上から攻められ、父兄から攻められ、生徒からは冷ややかな視線を送られ。

一生懸命やっても成果は出せず。


おかしくならないほうが、どうかしている。


そうした状況を改善するには、父兄に対しとことん誤魔化すか、飛ばされるのを覚悟の上で生徒の問題に本気で取り組むか、どっちかにしなさいといっているようなもの。

すなわち人としての誇りを捨て、我が身の立場にしがみつくか、人としての誇りだけが残り、もしかしたら後の人生は残骸となりうる可能性を取るのか、というようなこと。


父兄の立場からすれば
お前の立場なんかどうでもいいから、逃げずに、しっかりやっれよと言いたいわけで。

また、校長を含んだ上の立場からすれば、
問題を大きくするなと内心は(案外堂々と)考えていたりもする。

中には人間味の在る校長も実際は居たりする。福島第四中学校 篠田孝一もと校長もそのひとりだった。感謝。



問題は明るみに出して初めて解決するもの。
問題とは隠せば隠すほど、膿んだ傷を暖めているようなもので、余計に酷くなっていくもの。


だが、病んだ児童や生徒が急増しているのは、学校という組織による影響ばかりではない。
しかし、影響が無かったとしても結果的に、問題に対する対策を連係プレーで学校側が実行しなくてはいけないというのは言うまででもない。当然、親も。




そして

学校の先生の不祥事が増加していく世の中を見て思う。




先生である前に、先生も人で在ると。


ゆえに組織的な洗脳は、人としての権利を時として根こそぎ剥奪するほどの威力があるのだと、そう思う。

拍手[1回]

crooz ・ メンナク ・ 読者モデル ・ ダイエット ~ 「若者の目から見た世界をちょっと覗いてみた」6-1

魔の冬休みが終わり、新学期が始りました。

お弁当がふたり分と、朝ご飯。結構、大変です。


お弁当は勿論ですが、毎日の食卓で既製品や冷食を出来るだけ使わないように心がけています。


ところで……

ここ最近、読者モデルの人気があがっていますよね。
若い子向けの雑誌の 読 者 モ デ ル を略して、読モ(どくも)と呼ぶそうです。


※ 男性向け人気雑誌→メンナク(メンズナックル)、メンズエッグなど。
※ 女性向け人気雑誌→Popteen(ポップティーン)、小悪魔agehaなど。
(コンビニとかでも売ってるんで、興味がある人は立ち読み)


まずは、読者モデルに関与した話しを。



私の腕が、あなたの太もも?と思えるくらいガリガリに痩せた女の子たちを、最近多々見かけます。
ガリガリは女の子に限らず、30代くらいでも居たりする。




きっと害にしかならないような、無茶苦茶なダイエットをしている、はず……。


ガリガリの影響は雑誌の影響も大きいんじゃないの…。
なんてことを思ってしまう。


なんせティーンズ向けの雑誌に出ているモデルはスリムというよりも、ただただ細いのひと言につきる。



またmixiに限らずティーンズ向けの雑誌に出ている読者モデルの、ブログや日記(有名なとこだと croozブログ  とか)は、友達登録(mixiでいうマイミク)数が半端ない。




ちなみにこの読者モデルの人たちはショップ店員だったり、本業はいろいろみたいです。



またcroozにおけるブログ内容は、表面上密接な(ネット内での)対人関係が在ります。

友達を増やす。コメントを相手に残すことで、お返しにコメントを返してもらう。まめに足跡返しをする(お互いが)ことでヒット数を上げる。購読者を増やす、など。

どこかアメブロ(アメーバブログ)とも似ていますが、それ以上に濃く密接な感じです。
croozのサイトを見たあとではアメブロが爽やかにさえ感じました…。


(注意:以下の話しは一部の人を対称にしています)


表面的な言葉。

気持ちのこもっていない日記。

覚めた気持ちなのに、テンションを上げてコメントを嬉しそうに返している。


笑った仮面をつけた者が、別の笑った仮面をつけた者と、笑い合っている。




気持ちが底冷えしました。




鋼鉄の分厚い仮面ですね。




まあ、やっている目的としたら、自分は流行の中に存在するという主張(優越感)だと解釈したんです。


が、




こ れ だ け 友 達 が 居 る ん だ という 友 達 と い う 名 の ブ ラ ン ド が(現実の)友達同士の地位を 保 障 する。




すなわち大人には見えない 精 神 的 な 流 行 り があるのかと。





拍手[3回]

crooz ・ メンナク ・ 読者モデル ・ ダイエット ~ 「若者の目から見た世界をちょっと覗いてみた」6-2



たとえば高校生がcroozブログをやっているとして。



私はこれだけの(ネット上に)、友達(←仮に読者モデルをしているとても有名な)が居るの。

あなた(←現実の友達)とも、友達(←サイトの友達登録)やっているけど、

私よりも(ネット上の友達。または有名な読者モデル)が少ない(または多い)。


だから私よりも(現実の学校内では)格下(または上)。




という、現実の友達同士での格付けも、多いに絡んでいるはず。


けれども中には、現実の友達というよりも、ネット内の友達を対象にしての主張(優越感)という人も実在していました。


早い話し、本人にとって、いかに誰もが認める友達がより多く居るかということ。要は、友達の質と多さが本人の立場を決定するということでしょう。


ゆえに上位ランキングを目指すなどの成果を出し続けていくことで、おかしくなった気持ちのバランスを取っているという結果へと繋がっているんじゃないかと……。いわゆる優越感だけが生きている望みのような、感覚。


↑現実に置き換えれば、誰もが認める友達と繋がり続け、なおかつ自分も誰もが認めるひとりでいつづけなくてはいけないというような日々(学生なら学校生活。社会人なら学生時代からの友達)。

けど、こういうのは友達とは言わない…。なんか、悪いことする仲間みたいな感じ。いつでも裏切りと背中合わせという気もする。


拍手[0回]

crooz ・ メンナク ・ 読者モデル ・ ダイエット ~ 「若者の目から見た世界をちょっと覗いてみた」6-3

まあ、突き詰めていくと優越感というよりも、優越感を支配しているのは、恐怖心(強迫観念的な)に値するかもしれませんね。




偽者の地位と、偽者の自分。






あれじゃあ、自分と他人を比較せずに生きていくのは、なかなか難しい。物凄い激流です。
激流の中の若者は、中国とかあっちの方の黒い社会に住む、 下っ端の人間達の立場や視点と似ている気もしなくもない。

多くの若者が心身に異常をきたすのは無理もない話し。
実際、若い世代の心身症は増加しているはずです(霊感)。



ゆえに友達も恋人も、悲しいけれど飾りのような意味合いになる確率が高い。


友達=悪いことをする仲間と酷似した、関係性(または悪いことをする仲間そのもの)。
友達=私の 格 を 保 証 する相手。すなわち利便性により判断している。

恋人 ≠ A君が好きだから付き合う
恋人 =  A君は 私 の 格 と つ り あ う から付き合う(または、格が上がるから)。

結婚 ≠ A君が好きだから結婚したい。
結婚 = A君が好きだからではなく、結 婚 が したいだけ。

(あくまでも一部分の事実の話し=霊感)

拍手[0回]

crooz ・ メンナク ・ 読者モデル ・ ダイエット ~ 「若者の目から見た世界をちょっと覗いてみた」6-4



また、こうも思う。

大人も仮面と仮面で生きている人が多すぎるかと。

この奇妙な仮面の世界は、現代の大人がつくったものでしかない。
若者はたんなる犠牲者ともいえる。



楽しいフリの家庭をつくってきた。
良い親のフリをしてきた。
悪いことをしても正しく叱れなかった。つまり現実から逃げてきた、親。大人。


世の波に踊らされた大人の、シワ寄せが確実に多くの若者へと伝染している。





だとしても、小2ともなれば自分で変われる年齢になるわけで。


なので大人が悪いというのは子供(または若者)の言い訳。逃げ。





だが、なにがどうあったとしても現実は、若者自身が気持ちを入れ替えることでしか対処できないものだと。






そして激流のど真ん中。すなわち年代だと、平成1年(現在21歳)生まれ~平成6年(現在高1)生まれが、激流かと。


その年代の多くが、激流に飲まれ踊り狂っている。


狂った踊りをエサに、大人は商売をする。


要らなくなった時の結末がこわいですね。



しかしcroozのサイトの中には、年齢に関係なく本当のことを見据えている若者も居ました。
人は外見ではないです。


年齢や外見に関係なく、生きていく上で大切なのは気持ちの込め方。

拍手[0回]

嘘吐きが嘘吐きに騙される瞬間、の話し


そういえば、浮気相手の彼と上手くいってるの…?



と聞かれた。




なんだか最近は面倒になってきてるなあ、と答えた。




えーー! なんでまた?


態度がハッキリしないんだよね。案外、前の彼女と会ってるとか?


だったら別れたらいいじゃん、…どうせ浮気相手なんでしょ~。




こんなのは、ふつうの会話。


だが、嘘吐きと嘘吐きの会話だとしたら、会話の意味が異なってくる。



***********

(A子のクセに本気になって男と付き合ってる! 案外、男のほうも本気とか…?  別れるように、カマかけてやれW)

そういえば、浮気相手の彼と上手くいってるの…?
◎悪意、嫌がらせ。腹黒さ。殺気。





と聞かれた。






(面倒なんかじゃなく、本気。けど本気なんて言ったらばかにされる)

なんだか最近は面倒になってきてるなあ、と答えた。
◎誤魔化し、見栄。嘘。





(ははっ! かかったW)

えーー! なんでまた?
◎小ばかにする。見下す。浅はか、稚拙(ちせつ)。



(実は私が彼に本気になりかけてて、彼に、重い女だって思われてる気がするんだよね)

態度がハッキリしないんだよね。案外、前の彼女と会ってるとか?

◎膨らんだ見栄。構え。気負い。





(見栄張っちゃってW   お前みたいな女にアノ彼氏は勿体無いW)

だったら別れたらいいじゃん、  ・  ・  ・ ど う せ 浮 気 相 手 なんでしょ~。
◎攻撃。殺気。どす黒い腹。



まあ、その流れで、つい「そうだよね、別れようかな」なんて言ってしまう。

挙句、その方があなたらしいというような悪魔のささやきを聞かされ、話しているうちにその気になったりとか…。


またトドメを刺すかごとく相手は、相談に乗るよと一生懸命に連絡をよこす。
しかも、別れさせたいがためだけの、連絡。



だから
いいやつなのかもと、錯覚する。でも、事実は騙されている、のに気が付かないだけ。




しかし、自分は嘘吐きじゃなかったら、会話の展開は違ってくる。

最近どうよと聞かれたとしても

浮気のはずが本気になったと伝える。


たとえ会話が進展したとしても

あまりにも正直に答えられた場合、
嘘吐きからしたら隙がなくなってしまう。


それでも騙されるとしたら、多くは思慮深さが足りない状態が問題なのではと思う。




結局、自分が本当のことを言わないということは、
仮に一部の言葉を代えて言っているつもりでも、単なる嘘でしかない。




見栄を張って本心を言わなかったことが、後に引っ込みがつかず、結局は騙されるためのエサになる。


見栄とは本物の自分ではなく、自分以上の実力を持った自分。すなわち偽者。嘘。







結局、嘘吐きは嘘吐きに騙されるもの……。


拍手[1回]

現実と向き合っていない、その瞬間の話し



自分を嘲笑する意味でとても嫌なことを言われた。


自分はその通り(嘲笑に値したという意味)の人間だと、自分を卑下し、相手と一緒になって大笑いをした。



しかし本当はそんなことなどひとつも思ってない。
◎歪み、捻くれ。または深い恨み。



*******


ノリで、そんなヤツと離婚してしまえば~!と言われた。


また、こうも言われた。


そんなダサくて、どうしようもないだんな(或いは奥さん)と、なんで一緒に居るのよ(爆笑)
◎瞬間的な気負い。または無駄なプライド。そして結果とて、興 奮 し た 脳 。



その言葉の裏を返せば、ダサくて、どうしようもないだんなを好きな私ということになる。みじめな自分。
◎結果的に自己非定。




すなわちダサくて、どうしようもない人と一緒に居る私も、ダサくて、どうしようもない私いう意味にもなる。
◎屈辱!結果、興奮した脳が攻撃性を持つ。



だから私は言った。



仕方ないんだよねえ、1人じゃ金銭的にやっていけないし~(笑)と。
◎屈辱が消え優越感。まやかしの至福。


結局、いかにだんなが人としてダメなのかという悪口をいい、爆笑話のネタにした。
◎自虐行為。心に対する自傷行為。仮面の厚塗り。



*******



こうした瞬間が 現 実 と 向 き 合 っ て い な い 時 です。








いわゆる、 た だ の 嘘 吐 き です。








現実と向き合わないということは、現実逃避へと結果的に繋がっていく場合があります。



普段の自分の行動とは、振り返ってみないとなかなか分からないもの。そういうものかと…。

拍手[2回]

人は初めから最後まで独りのはず~それが現実


いきなり核心から。





外部からの侵入者が存在すると、そう認めているのは、自分の中の気持ち。


実際の現実では、見せたくない自分が暴かれたような気がして、瞬間的に隠そうとする。





*******



変な例えをすると、駅の階段で転び恥かしくなり、逃げるようにその場を去る、その瞬間のようなもの。
周りの好奇な視線が自分の中で起こっている出来事みたいに感じる。


しかし、自分の中で起こっているように感じる感覚は、自分の思い込み。事実ではなく、主観。
または現実と気持ちが同化したように感じ、現実の区別がつかなくなるような感覚。


けど事実は違う。



*******



あ、あの人転んだW (お笑いのテレビを見ているかのごとく、密かに笑えてしまう)

ああ、痛そう……(本気で)

ふん、ざまあみろ!(普段のストレスを現状の弱者に対し、ぶちまける系)

大丈夫かなあ……(所詮、他人事)


まあ、傍観者は好き勝手なことを思い巡らせている。でも、ただそれだけのこと。



*******



この時の抹消したくなる感覚が、


外部からの侵入者が存在すると、そう認めている自分の中の、気持ち。
ということになります。



だからこそ、侵入者(さっきのたとえだと、転んだ私)を排除しようとする。






ではなぜ、転んだ私を排除する必要があるのか………。








いや、転んだ私を排除する必要?というよりも、






転んだ後に、屈辱を感じ、 屈 辱 を 受 け た 自 分 は、許せないわけですよね。


すなわち、許せない気持ちとは、自分の中で発生していること……。




*******




だとすると、好奇な目で見られたことは事実であるけれど、今の現実では無いわけで。

同時に、今現在の状況で傷ついているという事柄が、理論的な意味で筋道がおかしくなってくるはず。




いや、しかし……

「でも、現に私は好奇な目で見られ傷ついているのに!」

と思っているとしても、 本 物 の 傷 か ど う か ? という疑問が残ります。






好奇な視線を受け、傷が付いたことにしてしまえば、好奇な視線のせいで受けた 屈 辱 は、和らぐはず。



好奇な視線<屈辱<心の傷




初めのキッカケのものよりも、痛い。または、悪い。という結果をだしてしまえば、


傷ついたのはあいつ等のせいだ

自分が○○なのは、仕方が無い

○○があったから、■■になったんだ


なんて、幾らでも言い訳が付いてくる。言い訳は誤魔化しでもあるかと……。








だから痛みが和らぐ。







そうした脳のトリックを暴き、初めて、自然な状態が現れるもの。

自然な状態は、案外、荒れ放題かもしれないし、とてもキレイかもしれない。





心は心の摂理にのっとり、あなたの知らないところで動いているわけで。


自然の法則=心の法則

これは不動の定義かと思いますよ。




*******




なので、なぜ、自分の中で発生した新たな気持ちを排除する必要があるのか?ということです。




もっと言えば、本当に排除しなくてはいけないのか?ということ。






この時の な ぜ を考察(明らかにするために、よく考え、調べることを)してくことで



気付きが生まれます。


結局、自分が何を考え何を感じているのか、ということを現地点よりも深く掘り下げるようなもの。





その答えは1人1人違います。当たり前か……。





*******



自分の中に在ると仮定している、侵入者。

それが自分自身だと、気が付かないことが多いもの。









侵入者を排除するということは、自分の一部を排除するというのと同じわけで。


転んだ後に、屈辱を感じ、 屈 辱 を 受 け た 自 分 は、許せないわけですよね。すなわち、許せない気持ちとは、自分の中で発生していること。


ということは、

自分の気持ち=侵入者

となるので、自分を拒否または排除している(あるいは、しようとしている)となります。
 








また、侵入者を排除しようと思っている段階で、 主 観 を 現 実 だ と思い込んでいたりするもの。



自分の中での現実と、現実は、違います。








自分を裏切らないというのは、まずは考えることから始るものだと思います。




だからこそ、本当のことを今の自分が分かる範囲で学んでいくことが必要なんじゃないかと。

本当のことというのは、普遍のものであり、唯一無二のことかと、そう考えています。




現実と主観の区別。
現実を知り、本当の自分で生きていくためにはとても肝心なことかなと、思います。

拍手[2回]

占い軒龍卑のBlog




占い軒龍卑の最新情報




ハルカのぼやき






you tube

Healing Graphic arts

by: 軒龍卑













六魂祭前日の練習~ブルーインパルス







2013東北六魂祭

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵
メルマガは無料です^^
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵

メルマガ購読・解除
 


■まぐまぐヘルプ(携帯電話のドメイン指定受信方法)

http://help.mag2.com/000314.html


■携帯からの登録はコチラ

http://mobile.mag2.com/#kensaku


■検索ワード
「占い軒龍卑」





当サイトにて公開している(写真の)画像、自作画像、文章等の権利は管理人によって保護されています。

管理人の許可なく併載、転載、再配布、リンクを行うことは一切禁止とさせて頂きます。

ただし占い系のリンクは

【除霊・呪術・霊感 占いハルカ 「白月光」 】

のタイトルを明記して頂ければ勝手にリンクしてもらってOKですが、
プロフの画像を断りもなしに使うのは禁止です。その場合、抗議しますよ?

また相互リンク希望の方は下記のメールフォームからご一報ください。



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
白月光 by 白月光 is licensed under a Creative Commons 表示 - 改変禁止 2.1 日本 License.
lovepeaceworld.blog.shinobi.jpにある作品に基づいている。






*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*

■□■スカイプ■□■



スカイプの鑑定も
受け付けています。

2012/01/22 (Sun)

■□■鑑定受付■□■

午後1時~午後8時
月~土曜日まで

日曜休み

2011/03/05 (Sat)

*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*



blogの購読







□■*:;;;:*□■□■*:;;;:*■□


当方は宗教団体とは一切関わりありません。

尚、宗教等への勧誘等も行なっておりません。





ネットストーカーが居ます。

ハッキリ言って卑怯者のせいで迷惑しています。


□■*:;;;:*□■□■*:;;;:*■□



12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31










迷いは生きているからこそ…
















kaiseki-test


アクセス解析

バーコード

プロフィール

HN:
軒龍卑(haruka)
年齢:
50
性別:
女性
誕生日:
1969/11/06
職業:
占い師
趣味:
占い/絵(デジタルアートも含む)を描くこと/その他は密かに多趣味だったりします。
軒龍卑の近況:
なにげ修行は一生だという考えの持ち主です。
形の無いたったひとつの本当へ意識と脳が融合した状態で辿りつくことを数ある修行の中でも最低のラインと考え実践います。

それから近年の変化ですが、霊界との関係性に変化があり、有効な知識を蓄え血肉にするため日々鍛錬しています。

私生活では極力霊界の事情を持ち込まないように、仮に持ち込んだ場合は速やか且つ敏速に対応しています。

それから私はかなりの方向音痴です。
なので出張へ行くと数回に1度の割で逆方向へ移動することが…。
しかも霊視中にも方向音痴が炸裂するので、東西南北ではなく時計表示&前後左右で方角を説明します。

解析パーツ

携帯アクセス解析

((([\/]  軒龍卑にメールをする

(1)印の部分は必須です。未記入だとメールが私宛に届きません。(2)記号や( )、特殊文字等を入れると文字化けしてしまうので、ご注意を。

最新CM

コメントを残していきなさい(笑)って冗談です。気軽にどうぞ。



[04/18 うに]
[11/15 うに]
[12/26 うに]
[10/19 うに]
[02/01 うに]
[01/24 うに]
[11/10 うに]
[09/27 アイカネ]







※当たり前のことですが、悪戯を目的とした書き込みや荒し行為は禁止です。