白月光 霊感から見た心理|除霊・呪術・霊感 福島の母 占い軒龍卑 「白月光」

除霊・呪術・霊感 福島の母 占い軒龍卑 「白月光」

あなたは本当の自分で生きてますか

自分らしさについての考察

人間性とはなにか

遺伝からくる性格

後天的な性格

それら両者が複雑に絡み合い、ひとりの人間の音色を出す。自分らしさ。


自分らしくないと思っていたとしても、それでもあなたらしいという意味を含めて人間性と呼ぶ。


理不尽だと考えたとしても、それがこの世の決まりでしかないわけで。



遺伝と、後天的な環境から生まれた、性格。
表面を変える、或いは表面から内面へ向けて変える。

多くは失敗する。稀に間違ったことが偶然上手くいくこともあるから、多くはと書いただけ。

なぜ失敗するのか。目的の立て方にミスがありすぎるから。
ミスが在る目的の設定は、目的へは辿り着かないもの。

ましてや目標から目的をあぶり出し、目的へ向かい、目的の成果を出すことなど不可能。これは表面から内面へ向けて変えるという前文の、意味。
またこの場合、流されている、ただの結果、目的が無い、意思が無い、などが状況により当てはまってくる。


それなら

自分とは

自分らしさとは


何者なのか……。


拘りを捨てていく
自分の中での公式を片っ端から崩していく
自分の中だけの常識を消す

それら経過を失くしては辿り着かないもの。

経過を辿ることで、そうやって縮こまっていた自分がどういう人間か、という事実が表面化する。

自分から見て許せないなら変えようと努力する。ただそれだけのこと。


気持ちがどれだけあるかによって人は幾らでも変われるもの。そういうもの。
ただそこには、正確な目的(ただの目的ではなく、あえて正確な目的)という不動の公式を踏み外すことさえ無ければという条件がつくだけ。


拍手[2回]

人間性のバランスを欠きやすい瞬間。すなわち人として見切られる瞬間とは

本気の度合いの違いは見える物事の情報を操作する。

本気とは自分の気持ちの中に存在している熱く不動である、唯一無二の一点を見極めることから起動する。

しかしその一点が間違っていない方向性のものだとしても、本気の度合いが異なるといとも簡単に情報を操作してしまうもの。

互いが本気であるにも関わらず
互いが同じテーマに向かっているにも関わらず
互いが唯一無二という同質の気持ちから本気になっているにも関わらず

それでも本気に温度差があると簡単に情報操作がなされてしまう。

情報操作の影響を強く受けるのは、決まって本気の温度が低いほうの人間。
本気の温度が低いほうの人間は、本気の温度が高いほうの人間の行動と言動に疑問を持つ。

その疑問を全体的に訳してしまえば、本気の温度が高いほうの人間の行動と言動に対する不信感を疑問という湧き出た感情とすりかえているだけのこと。

不信感とは
信じない
信用できない
誠実ではない
偽りである

ということ。

すなわち人は、自分よりも上に居る人間に対しては正確な理解を示すことができづらいもの。
第一自分の限界を余裕で超えている人間が考えることなど、自分にはそれだけの器が無いのだから、理解できるものではないわけで。

こうした不信感が発信源となった場合の疑問は、自己の中の愚かさが疑問を持たせるもの。
ゆえに不信感が発信源となった場合の疑問を、そのまま相手に丸投げして問うということは、相手を信じていないという意味でしかなくなる。

そうした瞬間の信じる強さは、人間性としての証し。

本気の発信源も方向性も的を得ていたとしても、深度は誰もが異なるもの。

だからこそその状況下で無条件で信じるというのは人間性でしかない。

自分よりも上の人間の行動も言動の意図も分からない。分からないがこいつが自分を裏切るはずが無い、という人間性。信じる思いとは、どんな物質よりもかけがえの無い誇らしい宝なのではと思います。


拍手[2回]

人生を活かす気持ちの視点とは

魂の輝きとは運の良し悪しでもあり、自分の意思の強弱でもあり、生き様のそれでもある。


輝きを失くす原因とは自分自身の場合もあるけど
私の目線からいわせてもらえば霊的事情を省いて考えられるものではない。

だがしかし

どうだったとしても

自分の意思は大切。

意思が無い、或いは曖昧な状態で生きる人生とは

写真を撮るために作る料理の、味そのもののようなもの。


見栄えするために混入する、食品ではない塗料、または異物。

胃の中に入れば、胃は拒絶する。


写真に撮るためのサンプル用の料理を作る時。
本気で作ろうと思うような何かしらの目的があれば、誰だってサンプルのために気持ちを込める。
本気という意味ではサンプルを作る者も、美味しい料理を食べてもらうために作る者も、本気の深度は同じ度合いともいえる。
すなわち本気というテーマから考察すれば、本気であるという事実に両者が辿り着くもの。

また、美味しく食べて欲しいという気持ちを込めて作られた食事は、サンプル用の出来には劣る。それは当然。
当然のいわれは見栄えがするように作るサンプル用の料理と、美味しく食べるための料理。
明らかに目的となる結果が違うのだから必然の結末。


気持ちの集結の、その先に在る一点が意思となり、その結果なにかへ本気になる


ただ何を目的にしたかという、違い。

なにをしたいのかという、気持ちの違い。




料理の例えを人に置き換えれば
気持ちの質の違い、人柄の違いともなるわけで。

最後には人間性の違いともなるもの。


本気だという言葉

本気だと思い込んでいる気持ち

あなたの中でまがいものの自分を怪物にしてしまいっているということが、あるかもしれない。


ゆえに自分と自分との会話は大切だと心の底から思います。


拍手[3回]

舞台裏

湧き上がるひとつひとつの感情には、理由が在る。

理由を捻じ曲げる、脳。認知のミス。


認知のミスにより、本当の意思は行き場を無くす。


自分の意思が何処に向かっているのかを知ることは
生きる意味にも繋がっている。


拍手[0回]

生きる意味の裏舞台

愚かな自分

何も持たぬ自分

汚い気持ちを持った、自分

戸惑うことなく優しくできる、自分




果たしてそれらに自分の意思はあるのか。




当たり前に過ぎ去る自分の、事実。



流されるままに生きていくのではなく
今一度、よくよく思案することは大切。

拍手[0回]

気持ちと考えの統合を考察~前編

mixiのニュース記事を読み、ちょっとブログでアップしてみたくなった。
「愛の疑惑 許す女と許せない男」というmixiの記事。その記事の中にあった心理学者の、発言。

その心理学者、渋谷昌ニ先生とやらのコメントを読み私の頭がゆっくりと回転。

ああ、なるほどと思う。

記事の内容は、映画になった「幸福の条件」をもとに、男と女では愛の捉え方が違うのだという展開のもとに記事が書かれている。
映画になった幸福の条件は観たことが無かったけど、「幸福の条件」のキーワードで検索すれば当然のように引っかかってくる。

とある男が1億円をあげるから1晩だけ付き合いなさいと、(よその)奥さんに言った。(奥さんの)だんなも了解した。
しかしだんなは、男と1晩過ごしたことで、奥さんと男がその後(1晩過ごしたあと)も繋がっているのでは?という疑惑を持ってしまう。
奥さんはだんなとの溝を埋める為に云々というストーリーらしい。



そして登場したのが心理学者。



事が起ころうとしていた時点でだんなは、起こっていることも、自分の気持ちも、妻の気持ちも、不明瞭だった。

実際に1晩過ごしたという事実が起こったことで、だんなは自分の本心を知った。

そうなると初めにだんなが決断した、合理的な考えは訂正され、奥さんはもともと男にその気があったに違いないと(だんなの頭の中では)考えがまとまる。ついでにだんな自身は、初めからイヤだと思っていたのにという、無茶苦茶で身勝手な理論がでっちあげられてしまう。いわゆる意識無きゆえの正当化。

まあ、心理学者のコメントとして書いてあった言葉を私が解釈したのは、こんな感じのこと。

なるほどねと思う。自分がいつも霊感で見ている経路からの言葉ではなくても、辿り着く意味が全く同じもの。それゆえ心理学者という立場からの言葉は容易に私の頭の中へと入ってくる。



(後悔しても)後の祭り。

ことわざは何ものかにぶち当たったような時にだけ、風のごとく脳裏へと浮かんでくる。



何か事が起こり

そして初めて自分の気持ちに気が付く。


それって

ただの結果でしかないのだと思う。


本当はどう思っているのかという、1番大切な暖かい何かを無視し生きているから
簡単にそして浅はかに考え捉えていた気持ちに対し、相応の事が起こり、自分の本心を知り慌てる。

だがしかし、人はそれらを正当化しようとする。正当化は、人の心に根深く浸透した原始的な遺伝子ではとも思える。


いかにもの結果を、目的として話しをしてきたり。
あるいはただの結果でしかないのに、他の言葉を用いることで意味をすり替え、真実は神にしか分からないだろう的な気持ちで誰かを欺く(あざむく)。

それを嘘ともいう。
また場合によっては勘違いともいう。


だとしても本当のことはひとつだけ。

誰かを簡単に欺けたとしても、誰かは欺けなかったとしても、本当のことはひとつだけ。


拍手[0回]

気持ちと考えの統合を考察~後編


幸福の条件がどんな映画なのか観てはいないから分からないが、後に自分の本心を知り、自分の決断の動機を歪めてしまうこと。その事実を受け取る人によって は嘘、勘違い、浅はか、自分勝手などというところであり、だがしかし、その実態はただの正当化でしかないのだろうと自分の中で考えがまとまった。

何年も前から思っていたことがある。
案外この内容は、言葉を代えてブログ上で書いたことがあるかもしれない。



本当のことというのは点でしかない、のだと。



仮にひとつの病名があったとする。

その病名を判断するためのどこかの医者の分析は、点を起点にした球体の何処かの経路を辿り、点という病名に達していく。
カウンセラーは、カウンセラーで、医者とは異なる球体の経路を辿り、点へと達する。
霊感は、医者とカウンセラーとも異なる球体の経路を辿り、点へと達する。

また病名ではなく、愛についてという思想があったとしても同じことがいえる。
哲学者であれ、思想家であれ、霊能者であれ、
点という本当のことはひとつだけ。

すなわち点に向かうようにして、主観や、見解という様々な線が放射状に散らばっている。
その線のどこを通ったとしても点へと辿り着くもの。

まあ、こんなようなことが常々脳内で立体化した状態となり、私の中で存在している。

物事を決断したり判断したりする、ちょっとした瞬間に立体化した図形が姿を現す。
辿ろうとしている線は、確実な点へと繋がっているものかどうかを、まずは考えるようにしている。
日常での決断や判断は思っている以上に多いもので。
何気ない動作ひとつにしても考えている。いわゆる習慣化された思考。

何気ない動作に対し、なぜそこまでと思うかもしれないけど

考えないことで気が付かないままに大切な何者かの心を闇へと葬ること。
そして自分自身の愚かさに後悔すること。

そっちの方が辛いと考えるから。

誤解の無いように書いておくけど
大切なのは考える前に存在している、自分の中での温度ある気持ち。
気持ちがあって初めて考えが現れるもの。

気持ちの無いままの決断とは、目的が定まらないままの意味無き行動でしかないもの。




温度ある気持ちと、考えることとは

反りの合わない者同士が、ひとつの目的へ向かい協力し合いながら行動する。

気持ちと考えが噛み合うこととは、そういうものでしかないのだと思うのです。



社会で生きる自分の姿勢とは、心の中での協調性がそのままに現れるものでしかないと感じています。


自分自身の中での本当の協調性は、気持ちと、考えをひとつの目的に導くことであり、それは結果的に気持ちと考えの統合という形をとるわけで。
よって自己の中で気持ちと考えをひとつの目的へ正しく誘導ができれば、社会的に今よりも溶け込め楽になっていく可能性があるのではと思います。



温度ある気持ちと、考え。
その反りの合わない者同士が、ひとつの目的へ向かい協力し合いながら行動する。



とても大切なこと。

意味無きプライドや拘りを手放し、自分らしい人生を……。

拍手[0回]

汚点は醜いものですか……?

真っ白なキャンバスに、黒い点。


小さな黒点ほど際立ち、目立ってしまう。



消してしまうには、白い色を使い上から塗る。

または

液体を含ませ、黒い色を目立たなくする。


人の汚点も似たような心理となる。




だがしかし、消す必要があるのだろうか。




それも含めて自分なのであって、自分の一部を削り取った自分を本当の自分として生きていく意味は?


結局、隠した自分を愛してもらっても、理解してもらっても、
それは隠した自分ではあるけれど、自分そのものではないわけで。


だから

届いた心が遠くなる。

誰かの思いが薄く感じる。

…当たり前。必然の結末。


なぜなら隠した自分への、正統な目線からの答えなのだから。





相手は、感情が届かないようなことを言っているわけでもなく、気持ちが薄いわけでもないはず。

結果的に決め付けているのは、自分の気持ち。主観。





ゆえに初めから隠す必要も無いことは、たくさんあるものだと、そう思う。

拍手[0回]

占い軒龍卑のBlog




占い軒龍卑の最新情報




ハルカのぼやき






you tube

Healing Graphic arts

by: 軒龍卑













六魂祭前日の練習~ブルーインパルス







2013東北六魂祭

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵
メルマガは無料です^^
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵

メルマガ購読・解除
 


■まぐまぐヘルプ(携帯電話のドメイン指定受信方法)

http://help.mag2.com/000314.html


■携帯からの登録はコチラ

http://mobile.mag2.com/#kensaku


■検索ワード
「占い軒龍卑」





当サイトにて公開している(写真の)画像、自作画像、文章等の権利は管理人によって保護されています。

管理人の許可なく併載、転載、再配布、リンクを行うことは一切禁止とさせて頂きます。

ただし占い系のリンクは

【除霊・呪術・霊感 占いハルカ 「白月光」 】

のタイトルを明記して頂ければ勝手にリンクしてもらってOKですが、
プロフの画像を断りもなしに使うのは禁止です。その場合、抗議しますよ?

また相互リンク希望の方は下記のメールフォームからご一報ください。



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
白月光 by 白月光 is licensed under a Creative Commons 表示 - 改変禁止 2.1 日本 License.
lovepeaceworld.blog.shinobi.jpにある作品に基づいている。






*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*

■□■スカイプ■□■



スカイプの鑑定も
受け付けています。

2012/01/22 (Sun)

■□■鑑定受付■□■

午後1時~午後8時
月~土曜日まで

日曜休み

2011/03/05 (Sat)

*:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:**:;;;:*



blogの購読







□■*:;;;:*□■□■*:;;;:*■□


当方は宗教団体とは一切関わりありません。

尚、宗教等への勧誘等も行なっておりません。





ネットストーカーが居ます。

ハッキリ言って卑怯者のせいで迷惑しています。


□■*:;;;:*□■□■*:;;;:*■□



06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31










迷いは生きているからこそ…
















kaiseki-test


アクセス解析

バーコード

プロフィール

HN:
軒龍卑(haruka)
年齢:
49
性別:
女性
誕生日:
1969/11/06
職業:
占い師
趣味:
占い/絵(デジタルアートも含む)を描くこと/その他は密かに多趣味だったりします。
軒龍卑の近況:
なにげ修行は一生だという考えの持ち主です。
形の無いたったひとつの本当へ意識と脳が融合した状態で辿りつくことを数ある修行の中でも最低のラインと考え実践います。

それから近年の変化ですが、霊界との関係性に変化があり、有効な知識を蓄え血肉にするため日々鍛錬しています。

私生活では極力霊界の事情を持ち込まないように、仮に持ち込んだ場合は速やか且つ敏速に対応しています。

それから私はかなりの方向音痴です。
なので出張へ行くと数回に1度の割で逆方向へ移動することが…。
しかも霊視中にも方向音痴が炸裂するので、東西南北ではなく時計表示&前後左右で方角を説明します。

解析パーツ

携帯アクセス解析

((([\/]  軒龍卑にメールをする

(1)印の部分は必須です。未記入だとメールが私宛に届きません。(2)記号や( )、特殊文字等を入れると文字化けしてしまうので、ご注意を。

最新CM

コメントを残していきなさい(笑)って冗談です。気軽にどうぞ。



[04/18 うに]
[11/15 うに]
[12/26 うに]
[10/19 うに]
[02/01 うに]
[01/24 うに]
[11/10 うに]
[09/27 アイカネ]







※当たり前のことですが、悪戯を目的とした書き込みや荒し行為は禁止です。